On suicide bombing (書籍, 2007) [Macalester College]
コンテンツへ移動
On suicide bombing 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー

On suicide bombing

著者: T Asad
出版社: New York : Columbia University Press, 2007
エディション/フォーマット:   紙書籍 : English
概要:
Like many people in America and around the world, Talal Asad experienced the events of September 11, 2001, largely through the media and the emotional response of others. For many non-Muslims, the suicide bomber quickly became the icon of an Islamic culture of death & mdash;a conceptual leap that struck Asad as problematic. Is there a religiously-motivated terrorism? If so, how does it differ from other cruelties?  続きを読む
この資料のオンライン版を取得中… この資料のオンライン版を取得中…

オフラインで入手

配置場所と利用可否を確認中… 配置場所と利用可否を確認中…

WorldCat

世界の図書館の所蔵状況
この資料を所蔵している世界の図書館

詳細

ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: T Asad
ISBN: 9780231141529 0231141521
OCLC No.: 485510821
物理形態: 128 s
コンテンツ: Terrorism --
Suicide terrorism --
Horror at suicide terrorism
責任者: Talal Asad

概要:

Questions Western assumptions regarding death and killing. This title scrutinizes the idea of a "clash of civilizations," the claim that "Islamic jihadism" is the essence of modern terror, and the  続きを読む
注記を取得中… 注記を取得中…

レビュー

編集者のレビュー

出版社によるあらすじ

Provocative. -- Jonathan Shainin Bookforum Asad's book is valuable because the legal distinctions he is challenging are especially vulnerable now. -- Samantha Power The New York Times Book Review

 
ユーザーレビュー

タグ

まずはあなたから!
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.